葉酸の摂取量が気になる人は、摂取量を自動でコントロールしてくれるショウガ葉酸がオススメです!

ショウガ葉酸なら、葉酸の摂取量を自動で管理!

未分類

ショウガ葉酸は葉酸の取り過ぎを自動でセーブできるのです!

更新日:

葉酸サプリの摂取量と飲む期間

葉酸が妊娠に必要な栄養素であること、摂取するためには葉酸サプリを利用するのが有効的であることや、妊娠週数で葉酸の摂取量が変化することはご存知の方も多いと思います。

そこで気になるのは、「葉酸サプリの摂取量はどうやって調整したらいいの?」ということです。

例えば、適当な時に自分でやめていいのか?悩んでしまいますが、多くの葉酸サプリではこうした「やめ時」を教えてはくれません。

ショウガ葉酸だと妊活中から妊娠4ヶ月用と妊娠5ヶ月以降用と用意されていて、それぞれ推奨摂取量をきちんと守った葉酸が配合されています。

なぜ、切り替えがうまくいくのかというと、ショウガ葉酸を購入する前にを、購入者の状況をしっかりとメーカー側が聞き取りしてくれるので、自配送時に動で合わせてくれます。

また、ショウガ葉酸は葉酸の配合量だけではなく、鉄分の配合量までも変えてくれます。

妊娠中というのは、通常よりも鉄分が必要になりますし、これも食事だけで補おうとすると難しいのでサプリを併用した方が良いです。

この他にも必要な栄養素を配合されているので、複数のサプリを飲む必要がなく、一石二鳥です。

食事でも摂取できるような栄養素は、過剰摂取しないように配合量を調整してくれているメリットの多いサプリだと言えます。

妊娠時期に合わせた栄養を【ショウガヨウサン】

 

取り過ぎないシステムの葉酸サプリ

ショウガヨウサンの大きな特徴は、妊活時期と妊娠中期から後期の2種類に分けたことです。
これは、妊活から妊娠といったそれぞれの時期で必要となる栄養素の分量が違うために分けられたのです。
そのため時期によって成分が足りていなかったり、取りすぎてしまうことがありません。2種類のショウガ葉酸を飲み分けることで、時期ごとでの最適の成分を取ることができるのです。

その2種類の違いとして、最大の違いは、葉酸の配合量です。
妊活期の葉酸摂取量は400mg必要となりますが、妊娠中期から後期にかけては240mgと配合量を減らしています。
これは、厚生労働省の推奨摂取量に合わせて配合されているのです。これは葉酸は取りすぎると問題が起こる可能性があるとされているからです。

葉酸の取りすぎで起こる問題として、生まれてくる子供がぜんそくになる可能性が指摘されています。

オーストラリアの研究論文英語の資料

また、母体には、「ビタミンB12の欠乏を隠すため、悪性貧血の発見を困難にする」ことや、「直腸がんのリスクの増加」が影響として挙げられます。

リスクについての資料

葉酸の取りすぎは危険と煽る記事もありますが、そもそも取りすぎないようにすればよいのです。
ショウガ葉酸は葉酸を取りすぎないよう、ユーザーの状況に合わせて配送するシステムを作り上げました。

葉酸の取りすぎは危険?ショウガ葉酸なら取りすぎを防止!

これは他の大手メーカーでも出来ていない、ユーザー本位のシステムです。多くのメーカーが継続購入を勧めているのですが、たとえば継続購入を決めてすぐ妊娠した場合、そのまま同じサプリを取り続けると、葉酸の取りすぎになる可能性が高いのです。

ところが、ショウガ葉酸は購入時にユーザーの状況を伺います。たとえば、購入時に妊活中であれば、まずは妊活中~妊娠4か月目まで用の「ショウガ葉酸(前期)」を配送いたします。購入時に状況をご入力いただいていたら、妊娠5ヶ月目から自動で「ショウガ葉酸(後期)」に切り替えてお届けいたします。
切り替え時期については、配送センターで判断しますので、葉酸を取りすぎてるんじゃないか?という不安はありません。

葉酸以外の栄養素でも成分量の調整がされています。たとえば、妊活中においては鉄分量やビタミンCはそれほど重要視されませんが、妊娠中期から後期になると鉄分とビタミンCが多く必要となります。

いままで大きく語られなかった、妊娠の時期やタイミングによって葉酸の取りすぎや、必要な栄養素の違いなどの問題を解決したのがショウガヨウサンなのです。

 

葉酸サプリは沢山飲めばいい訳じゃない?

葉酸と言えば、妊娠を希望する女性なら必要不可欠な栄養素と認識があるのではないでしょうか?
厚生労働省でも葉酸の摂取は、妊娠を希望する女性に推奨しています。

それは何故かと言うと、葉酸には「神経管閉鎖障害」のリスクをかなり減らせる働きがあるからなんです。厚生労働省のサイトでも記述があり、妊活に必要な栄養素として浸透しています。

ですが、葉酸本来の働きはと言うと、血液が作られるときにそれをサポートする役目や、DNAを合成させ細胞分裂のサポートをする役目。

この働きは胎内で赤ちゃんが発育するにあたり必要なもので、血液から赤ちゃんに酸素や栄養を運んだり、細胞分裂によって体の各器官が作られます。

必要な栄養素と分かれば、積極的に取り入れたい所ですが、葉酸は普段の食事から必要量を取るのが難しいんです。そこで推奨されているのがサプリメントで補給する方法ですが、ショウガ葉酸も葉酸補給の為に開発された商品です。

ただ、妊活には葉酸を沢山飲んでいればいいという訳ではありません!

妊活や妊娠中に必要な栄養素だからといって、ほかの栄養素と同様に、取りすぎには注意して下さい。

どんな安全な栄養素であっても、取りすぎは副作用などが起こる可能性もありますし、公認されている葉酸だってその可能性は秘めています。

このように、認知度が高い葉酸にもリスクはあるのですが、そのリスクを回避するために生まれたのがショウガ葉酸なのです。

妊娠時期に合わせた栄養を【ショウガヨウサン】

 

ショウガ葉酸は妊活にも温活にも最適!

多くの葉酸サプリは、妊活に必要な栄養素が必要量に関係なく配合されていますが、ショウガ葉酸は厚生労働省の推奨栄養を必要な量だけ配合しています。

妊活は「赤ちゃんを授かるため」のものなので、ただ栄養素を寄せ集めればいいものなのか?という事が疑問になったのです。

妊娠を望む上で、昔から身体の冷えは大敵と言われており、現代でも妊活には身体を温める「温活」が大切とされています。

温活とは、普段の生活で意識して身体を温めることを指し、ショウガ葉酸は温活にも着目した成分が配合されています。

その成分には生のショウガではではなく、身体の深部を温める効果のある粉末タイプのショウガオールを選びました。

温活は本来、血流の回復をさせるという意味があり、血流を正常化する事は健康の基礎ですし、妊活中にも妊娠中にもとても大切な事になります。

妊活に本当に必要な要素をあらゆる方向から考え抜いて開発されたのがショウガ葉酸なのです。

 

葉酸の取りすぎも温活もサポートしてくれるのがショウガ葉酸

妊活中や妊娠期を安心して過ごす為に必要な事を妊活中の方の立場になって考え、このショウガ葉酸は生まれました。

妊活や妊娠中の必須栄養素とも言える葉酸自体も徹底的に見直し、妊娠4か月までの前期にお飲み頂くタイプと、妊娠5か月以降の後期用に分けての作成に成功。
常に最適な量をお飲み頂けるように、お客様一人一人の状況を踏まえ、量やタイミングを考えてお届けするという形を取らせて頂きました。

開発中には葉酸だけとらわれないように開発を進め、妊娠するために必要なものは他にないか?と試行錯誤を繰り返した結果たどり着いたのが「温活」というキーワードです。

開発の末に誕生した「ショウガ葉酸」というサプリは、必要な栄養素の取りすぎを防ぎながらしっかり取る事、そして「温活」も取り入れながらしっかりケアできるサプリとなりました。

他にはない妊活サプリの開発を目指した訳ではなく、授かる為に本当に必要なものを考え抜いた末に開発されて誕生したのがショウガ葉酸というサプリなのです。

妊娠時期に合わせた栄養を【ショウガヨウサン】

 

-未分類

Copyright© ショウガ葉酸なら、葉酸の摂取量を自動で管理! , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.